『アーモンドを七粒(2)』第6話〜最終話|夏水りつ

この受け様(葉月)はひねくれ具合が面白いのかもしれない。

で、ぽちったら、ほんと律儀で生真面目。

自分で決めごとを作って、きちんきちんと守ってる。

そして付き合いだすと、これが可愛い❤

こんな純粋な人に対して攻め様(渡辺)がねー

ああーん❗️❓

普通の人なのに、それとなくブラックさを感じるわよ…?

受け様はもっともっと振り回されてほしい!

 

試し読みはこちらで。

アーモンドを七粒 2

アーモンドを七粒 2【電子限定おまけマンガ付】

世界は二人だけのためにある─ついにクライマックス!渡辺にとって葉月は誰かの身代わりだった─!?果たしてふたりの関係は…?【全205ページ】

2016/6/1

「結城」ってどの辺まで設定されてるのかなー

非常に何気ない王道系のお話しですが、なにか深いものを感じる💙

6話

ついに渡辺の本心を 知ってしまった葉月は───

ページ下のあらすじ(コミックス紹介文とかぶらない部分の抜粋)

しかし、渡辺にとって葉月はユウキという人物の代わりで、葉月との関係はただの遊びだったと聞いてしまい……

渡辺くんは、かばんでハシバシ殴られています。

そりゃそうだろう……隠していた心に招き入れた男が、不誠実だと聞いてしまっては……

タイトルの「アーモンドを7粒」は、受け様が1度に食べて良い粒数って決めてるからなんですよ?

クソ真面目で抑制の効く人なんですよー?

そんな人を落として、舐めさせていた渡辺めー

……うーん、複雑。

……受け様、辛いね……

攻め様は、バーで水をぶっかけられてます。

コミックスのバーのシーンでも出てきた人です。

この人は、攻め様とつきあったことがあるのか❗️❓

7話

渡辺に遊ばれていたと知り、渡辺を非難する。会社ではいつも通りにふるまうふたりだったが……

あおりはこちら。

奥深く、想いを隠す。

高校時代の回想から始まります。

実行委員だった攻め様(渡辺)、図書委員だった「結城」がくっついてます。

触りだけで、何かあったかどうか、明かされていません!

この「結城」って受け様(葉月)だろー!?!?

同一人物でしょ~? 違うの?  ←大きな勘違い。

会社の人たちに、攻め様も受け様も感じが変わってしまったと心配されてます。

上司、いいひと……❗️❗️

受け様も管理人も泣きました!

 

肉まんを食べる、葉月が可愛い!

ネクタイをしめる葉月が可愛い!

働く葉月は、既に美人の域に達している!

でも、この第7話は、可愛い葉月より、飲んだくれている渡辺が心配ですよ!

一読者がやきもきしているうちに、なんと鉄板!

仕事でミスが発生ー!

フォローに入るのは、ここは葉月でしょう!

そして、いい笑顔を見せるのですー!

あの笑顔に心打たれぬ攻め様なんて、いるわけなーい

あ! 最初のキャッチコピーは、渡辺の気持ちなのかな…

 

最後のコマで、

友達がちょこっと高校時代のことを語ってくれてます。

そして、攻め様は友達に

結城の連絡先 知ってるか

と聞いてるよー!!!

えっ、結城は葉月じゃないのー

 だから、勘違いだって💦💦

8話

渡辺は自分を正当化しようとし、荒れた生活を送るようになるが……

今、心の中にあるものは!?

あら!?

攻め様(渡辺)が復活しています。

いい感じのリーマンになってますよ。

 

ユウ×アイリのバカップルも元気だし。

 

渡辺は、受け様(葉月)に何か話したいことがあるんですけど、避けられちゃうんだなー

飲み会に行く約束はするけど、受け様は早々に帰っちゃう。

そこで攻め様は動く❗️❗️❗️

階段に足かけたとこで、無理やり引き留めるの!

きゃーーーーーーーーーー

階段壁ドンです〜💦💦

そして「結城」と会ったことを告白します。

(何だ別人か。管理人はうなだれる)

攻め様は真剣なのに、受け様は向き合おうとしてませんねー

そうこうするうちに、都合よく文明の利器スマホが鳴って、

受け様の家族が事故に遭ったと知らされる❗️

で、続く。

 

性格とか、受け様は割と分かるんですが、攻め様はまだ語られてないじゃないですか。

会社では好青年だけど、夜は遊び人だった、くらい?

そこで知りたい❗️

「攻め様の過去の恋」❗️

ええーい、次はどうなるのだ!

次の第9話は、5月末発売の7月号に掲載予定です。

何か

初めてはまさかの朝ちゅんだしー、びっくりした。

何か意味があっての朝ちゅん!?

次のえろいシーンで、渡辺のお股に葉月のお口が……!

渡辺は、濃い目のトーンです。

部分的なものなので、何かはありません。

受け様は下からいじくられていますが、袋がすごいかわいい。

……何書いてますかー

最終話(第10話)

ああーっ、最終回だなんてー!!!

律儀で不器用な葉月が所属する商品企画部に、営業成績トップの同期・渡辺が異動してきた。

自分とは違い、容姿も性格もいい渡辺。

そんな渡辺に反感を抱いていたけれど、食事に誘われて以来、週末は渡辺の家で鍋を囲み、一緒に過ごす時間が密かに楽しくなっていた。

しかし、渡辺にとって葉月は結城という人物の代わりに、渡辺に遊ばれていたと知り、渡辺を非難する。

それ以来、葉月は渡辺と距離を置いていたが、渡辺から好きだと言われ……

想いはひとつ、二人の選択とは───

最終回ですので、色々なことが回収されました。

まずタイトル。

受け様が「アーモンドを七粒」というおまじないを信じている件。

ロマンチック❤️

また、攻め様の過去の「ユウキ」の件も、そしてバーのマスターとの関係も。

良かったのは、最後のシーンの持って行き方。

攻め様は、デキるやつです!!!

偉いな~💖

 

コミックスの発売は、いつだろう。

だって最終回でしたけど、えろがなくってねー

お二人を幸せにしてほしい!

ハッピーえろ希望💜

夏水りつ 作品リスト
K先生の秘密の熱情 アーモンドを七粒 2 「恋してほしい」 「ヴァンパイア課長」 「先生、あのね!」 ...
m(_ _)m
夏水りつ
検索から来られた方へv

「BL読んでますv」は個人の過疎ブログです。次に見かけたらよろしくおねがいします♪
しかし次は見つからない可能性が高いです。そこでスマホで「ホーム画面に追加」してくださると、巡回のときに便利です!よろしくおねがいいたします。


配信が早いのでおすすめですv
BL読んでますv
タイトルとURLをコピーしました