『月と太陽』阿部あかね

阿部あかねのページ

阿部あかね先生の異色カプBL作品。
オネエとやくざの跡取り息子。
「花にくちづけ」「花といっくん」のスピンオフ。

『月と太陽』

月と太陽(1)

ヤクザのドラ息子の将大は何をやっても中途半端で誰からも期待されていなかった。ある日、おさななじみの花太郎の働く女装クラブで暴れた将大は花太郎の師匠・椿にお仕置きをされてしまう。それ以来、椿のことが頭を離れなくなってしまい……!? 大人気「花といっくん」シリーズスピンオフ! 身も心も支配するアメムチ・ラブ・トレーニング!!

2017/12/29 | 電子 1/26(R!)、2/9(他)

『月と太陽 2』
月と太陽(2)

ヤクザのドラ息子・将大(まさひろ)はメイクアップアーティストの椿(つばき)と出会いその美しい外見だけでなく、内面の強さに惹かれ彼の影響で更生し始める。椿ともっと一緒に居たいと思った将大は家を出て同棲を始めるが、周囲は反対モードで……? 大人気「花といっくん」シリーズスピンアウト! 迫力美人・椿×チンピラヤクザ将大の魅惑の凸凹ラブ・トレーニング完結!!

2018/9/1

1話

サンプルに出てくるのは将大まさひろ。極道の家の御曹司で、花の幼馴染でお店で暴れだす男です。チンピラ崩れのニートです。(……)

でも花太郎が将大に蹴りを入れますので、安心してください。

店の裏で話し合いになるのですが、後から高身長の美人が現れて───

ヤクザの息子の将大は何事にも中途半端で、中学生の弟の将太よりもデキが悪い。
仲の良い幼馴染の花太郎も女装男子になり同棲中の彼氏に夢中で構ってくれず、不満はたまる一方。
ある晩、花太郎の働く店で暴れた将大は、花の師匠の椿にお仕置きされてしまう。
それから椿のことが頭を離れなくなった将大は……!?

というのが第1話。

『ディアプラス 2017年8月号』

2話

花の師匠・椿は「TSUBAKI」という名前でメイクの先生をしていました。

第一話で「ごめんなさい」と言い、お尻をたたかれた将大は、腹がたって仕方がありません。

そこで嫌がらせを思いつきます。

花の働いているお店に風船にペンキを仕込んで叩きつけるという……

え〜と😨💦 たちの悪い遊びを求めているだけの人生なのか、お前は……⚡⚡

もともと将大はキレイなお姉さんが好きなので、椿に一目惚れしてるかも💘

ですが、今は敵同士みたいなもの。

格も違いすぎますよねぇ、どうやってまとまるのかがすごく楽しみ💝

お店だけでなく髪も汚されて激怒した椿ですが、でもバカな将大になぜか興味を持ったようで───

購入する予定の方は ここから下は見ないください。

3話

最初に将大の祖父が出てきます。

組長で、孫の将大のことが大好き。

将来のことを一生懸命考えては手を打とうと頑張っていますが、今回の「優しいお祖父様作戦」も失敗です。

今度は「ファッションビルのオーナー職」に座らせようとしたんですけど、全く将大には響きませんでした。

まじでスーツきて座っていればいいらしい。
 

将大は個性的な男が揃っている家族の中では全く平凡の子で、自分もそれをよく分かってます。

だからと言って価値がないわけではないのですが、やる気を失っています。

ところが男気のあるオネエに出会ってしまいました。

(しかも見た目は好み。)

あいつやったら
何て言うやろか

事がっている石にでも値段はつくものよ
とか言いそうやな

……言うかな……

椿には魅力があったんですね……❤️

しかも将大の何かを引き出したんだと思います。

ということで、将大は椿の家に行ってしまいました。

そこで更にとんでもない目に遭います。

椿のまっぱは超迫力です……

仁王立ちだもんなぁ……🌹

椿は、自分をウンコだという将大に「美しい花(自分)には必要な糧だ」と言います。

将大はウンコが糧だと言われて、自分の存在を認められたと思います

大笑いしていますが、将大〜!!

何か腹に落ちたでしょう……

感動しました……

掲載誌

『ディアプラス 2017年10月号』

 

4話

カラーです❗

『ディアプラス 2017年12月号』

2017/11/14|電子 12/15

 

5話

第5話までが1巻に入ると思います。

『ディアプラス 2018年1月号』

2017/12/14 | 電子 2018/1/19

m(_ _)m
阿部あかね
検索から来られた方へv

「BL読んでますv」は個人の過疎ブログです。次に見かけたらよろしくおねがいします♪
しかし次は見つからない可能性が高いです。そこでスマホで「ホーム画面に追加」してくださると、巡回のときに便利です!よろしくおねがいいたします。


配信が早いのでおすすめですv
BL読んでますv
タイトルとURLをコピーしました